あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
ポートピア連続殺人事件

ポートピア連続殺人事件

ポートピア連続殺人事件

ポートピア連続殺人事件(ポートピアれんぞくさつじんじけん)とは、エニックス(現スクウェア・エニックス)より発売されたアドベンチャーゲームである。

概要

1983年にPC-6001、PC-8801用ソフトとして発売。その後の多くのパソコン移植版が発売された。販売はエニックス(現スクウェア・エニックス)が担当し、開発は後に『ドラゴンクエスト』シリーズなどを開発する堀井雄二が、ほとんど一人でこなした。堀井は本作の他にも『オホーツクに消ゆ』、『軽井沢誘拐案内』などのアドベンチャーを制作しており、これらの3つの作品を合わせて堀井ミステリー三部作と呼ばれる。

キーボードでコマンドを打ち込みゲームを進めていくコマンド打ち込み式アドベンチャーゲームで、プレイヤーは刑事となり、部下のヤス(真野 康彦)と共に殺人事件を解決するために捜査をしていく。当時としては珍しい現代日本を舞台とした作品だった。その後、本作のファミリーコンピュータへの移植版をチュンソフトと堀井が協力して開発。1985年11月29日に発売した。ファミリーコンピュータ版ではコマンドを選択しながら推理や探索を進める、コマンド選択式アドベンチャーゲームとなった。優れたシナリオと終盤の衝撃的な結末が話題を呼び大ヒットを記録。ゲーム史の記録に残る名作のひとつとして数えられることになる。

犯人

本作の事件を起こした犯人は、ゲーム中常に共に行動することになるヤスである。ヤスはゲーム中にガイド的な役割をしてくれるキャラクターなのだが、その人物が最終的に犯人だと判明する展開は当時非常に斬新で、プレイヤーの記憶に強く残ることになった。そして、ヤスが犯人であることを指す「犯人はヤス」というフレーズが誕生し、本作をプレイしたことがない人にも知られるミームとなっている。

このことによって、本作の事件を引き起こした犯人であるヤスは、日本で最も有名な犯人とも言われるようになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ