あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
ポポロクロイス物語シリーズ

ポポロクロイス物語シリーズ

ポポロクロイス物語シリーズ

『ポポロクロイス物語』シリーズとは、ソニー・コンピュータエンタテインメントが発売するロールプレイングゲームシリーズである。

概要

1996年7月12日にシリーズ1作目である『ポポロクロイス物語』がPlayStation用ソフトとして発売。開発はシュガーアンドロケッツ、ジーアーティスツ。販売はソニー・コンピュータエンタテインメントから。朝日小学生新聞に連載されていた田森庸介の同名の漫画『ポポロクロイス物語』を原作としたロールプレイングゲーム作品。オーソドックスな剣と魔法のファンタジーを舞台とした作品だが、絵本のような優しい世界観が特徴である。特別なシステム等は導入されていないものの、歯ごたえのあるゲームバランスや秀逸なシナリオが評価されてヒット作に。

1998年11月26日には外伝作品の『ポポローグ』が、2000年1月27日には1作目『ポポロクロイス物語』の続編である『ポポロクロイス物語II』がそれぞれPlayStation用ソフトとして発売。PlayStationを代表するロールプレイングゲームシリーズのひとつとなった。2005年2月10日には『ポポロクロイス物語』および『ポポロクロイス物語II』の2作を収録し、新たなシナリオも加えられた『ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険』がPlayStation Portable用ソフトとして発売。また、2007年9月27日には『ポポロクロイス物語』が、2007年12月26日には『ポポロクロイス物語II』が、2007年10月10日には『ポポローグ』が、それぞれゲームアーカイブスで配信が開始されている。

PS2作品

2002年6月20日にシリーズ4作目『ポポロクロイス はじまりの冒険』がPlayStation 2用ソフトとして発売。PlayStationで展開されていたシリーズの主人公ピエトロと、ヒロインであるナルシアの息子ピノンが主人公の物語。主人公が変更したことに伴い登場キャラクターも一新。さらにグラフィックも2Dから3Dへと変更された。2004年3月18日には続編タイトルでありシリーズ5作目『ポポロクロイス 月の掟の冒険』が発売された。両作品ともシナリオや世界観を評価するユーザーが多いが、ロード時間の長さやゲームバランスの悪さ、システムの細かな完成度の低さに不満を抱くユーザーも多く、高い評価を得られなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ