あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
プーヤン

プーヤン

プーヤン

『プーヤン』とは、コナミ(現: コナミデジタルエンタテインメント)から発売されたシューティングゲームである。

概要

1982年にアーケード用タイトルとして『プーヤン』がリリース。開発、販売はコナミ。プレイヤーはオオカミにさらわれてしまった子ブタ「プーヤン」の母親となり、プーヤンを救出するためにオオカミと戦うシューティングゲーム。当時SF的世界観が多かったアーケードゲームの中で、ファンシーで可愛らしい世界観を持った本作は話題になり、ゲーム完成度も高かったため高い評価を獲得した。1983年にはぴゅう太、ゲームパソコンM5、PV-1000などに移植版が発売され、同年9月20日にはファミリーコンピュータへの移植版も発売。さらに、1985年には『コナミのプーヤン』というタイトルでMSX版も発売されている。また、1999年5月13日にはPlayStation用ソフトとして発売されたオムニバスソフト『コナミ80'sアーケードギャラリー』に収録。その後も2006年5月25日に発売された『オレたちゲーセン族』でPlayStation 2への移植版が発売。2007年3月15日にニンテンドーDSで発売されたオムニバスソフト『コナミ アーケード コレクション』にも収録された。また、2007年6月26日からは、ファミリーコンピュータ版がWiiバーチャルコンソールで配信が開始されている。

基本システム

基本はシューティングゲーム。プレイヤーは子ブタプーヤンの母ブタを操作する。母ブタは画面右端でゴンドラに乗っており、コントローラの十字キーで上下に移動、ボタンで弓矢を撃つことにより攻撃することができる。ゲームを開始すると画面に風船を持ったオオカミが現れ、その風船部分を弓矢で撃つことによってオオカミを撃退できる。一定数のオオカミを撃退するとクリア。次のステージに進むことができる。全8ステージで、奇数面では上から下にオオカミが降りてきて、偶数面では下から上にオオカミが登っていく。ときおりオオカミが投げてくる敵弾に当たったり、噛み付かれたりすることでミスとなり残機が消失。残機が全てなくなってしまうとゲームオーバーとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ