あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
フォネティックコード

フォネティックコード

概要

フォネティックコードは、無線などで通話する際に、聞き間違えのないよう正しく伝えるために制定された規則。戦争を題材としたゲームで聞くことが出来る。

詳細

フォネティックコードは、無線などで通話した際に、「B」と「D」などの発音が似ているアルファベットを間違って認識したり、電波状況の悪い無線でもより正しく音声を認識できるようにするために、単語をコードとして規定された規則である。各国で独自のものを持っている他、国際的に使われるものとして、NATOフォネティックコードが存在する。また、同じ英語でもアメリカとイギリスのフォネティックコードにはいくつか異なる部分が存在する。

有名なものとしては「ホワイトハウス(White House)」を「Whiskey Hotel」とフォネティックコードで伝えるシーンが多数見受けられる。また、距離表現のマイルを「Mike」と表現するなど、軍隊では様々な場面でフォネティックコードが用いられている。

日本においては「通話表」が存在し、「ト」であれば「東京のト」、「ン」であれば「おしまいのン」など、通常始まることのないような文字もわかりやすいように規定されている。

使用事例

フォネティックコードは主に軍隊で使用されているため、Bohemia Interactiveが開発した『Operation Flashpoint』シリーズや『ARMA』シリーズなどのゲーム中において、座標の無線などで聞くことが可能である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ