あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
フェイブル

フェイブル

フェイブルシリーズ

『フェイブル』シリーズとは、Lionhead Studiosが開発、マイクロソフトが販売するアクションRPGである。

詳細

日本では2005年3月17日にシリーズ1作目『フェイブル』(Fable)がXbox用ソフトとして発売。開発はLionhead Studios、販売はマイクロソフトが担当した。監修に『ポピュラス』や『ダンジョンキーパー』を手がけたイギリスのゲームデザイナーピーター・モリニューが参加している。非常に自由度が高いアクションロールプレイングゲームとして開発され、人助けなどをする人生を歩むも、悪の道に進むのもプレイヤーの自由である。その高い自由度が評価され多くのファンを獲得。

日本ではXboxの普及率が高くなかったためにヒット作とはならなかったが、海外では250万本を超える売上を達成した。また、本作は2005年11月11日に新シナリオや魔法、アイテムなどを追加した『Fable: The Lost Chapters』がWindows用ソフトとして発売された。続く2008年12月18日にはシリーズ2作目のタイトル『フェイブル2』(Fable II)がXbox 360用ソフトとして発売。さらに2010年10月26日には、シリーズ3作目となる『Fable III』が発売された。また2014年2月6日には、シリーズ1作目『Fable: The Lost Chapters』をHDリマスターし、実績などを追加した『Fable Anniversary』がXbox 360用ソフトとして発売されている。

基本システム

三人称視点の3Dアクションロールプレイングゲーム。行動自由度が高いことが特徴の作品で、冒険だけではなくNPCへの殺傷、盗みなどの犯罪行為も可能である。しかし、犯罪行為を行うと犯罪者となり、多くのリスクを背負ってしまう。また、NPCに対してアクションを行うことによって、感情や好感度を変化させることも可能である。アクションの種類は作品によって異なるが、基本的には挨拶をする、笑わせるなどのポジティブなアクションあらば好感度が高まり、悪口を言う、マナーの悪い行動をするなどのネガティブなアクションをとれば好感度が下がる。

Fable: The Journey

2012年10月11日に、シリーズの外伝作品としてXbox 360 Kinect 専用タイトル『Fable: The Journey』が発売された。従来のシリーズ作品とは異なり、Kinectを利用した一人称視点のアクションアドベンチャーゲームとなっている。特定のアクションを行うことによって魔法を放つことができ、それらを駆使して敵を倒しながらゲームを進めていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連項目

外部リンク

関連商品

Page TOPへ