あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
パオン

パオン

株式会社株式会社パオン(PAON CORPORATION)は日本のゲームソフト開発会社である。

概要

株式会社パオンは日本の家庭用ゲーム機並びにパチスロメーカーの「大都技研」の液晶開発や実機シミュレーター開発を行っている会社である。会社所在地は東京都中央区京橋。設立は1999年1月20日。資本金1,500万円。代表取締役社長は岩田 信雄。

歴史

「遊びを通じて、人々の心に喜びと情熱を」「感動と最適表現の追求」を掲げ、1999年に設立された。

主に家庭用ゲーム機向けのゲームソフトの開発を行ったり、パチスロメーカー「大都技研」の実機液晶開発、シミュレーターの開発も手がける。

2007年よりパブリッシャーとして、大都技研のパチスロシミュレーターシリーズをリリースしたり、2008年からはニンテンドーDS向けに英語教育のソフト「NEW HORIZON English」シリーズの開発・販売も開始するなど、幅広い開発を行っている。

パオンの開発で有名なのは2008年にニンテンドーDSで発売された「ヘラクレスの栄光 魂の証明」である。これは同作品の知的財産権を保持していたかつてのゲームメーカー、データイースト社から知的財産権を継承して作られた作品であり、14年ぶりの完全新作として話題を集めた。

また、花や虫の写真を撮影すると、図鑑でその名前や細かいデータがわかる、ニンテンドー3DS専用ソフト「花といきもの立体図鑑」の開発にも携わっている。

パブリッシャーとしての活動よりもそれ以前のデベロッパー時代には非常に数多くのソフトを企画・開発しており、スパイク(現・スパイク・チュンソフト)の『ファイヤープロレスリングZ』、テクモ『影牢II Dark illusion』、バンダイ『聖闘士星矢 聖域十二宮編』など、有名タイトルの企画・開発を行った。

代表作品・シリーズ作品

  • 大都技研公式パチスロシミュレーターシリーズ(2007年)
  • ヘラクレスの栄光 魂の証明(2008年)
  • NEW HORIZON Englishシリーズ(2008年)
  • 花といきもの立体図鑑(2011年)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ