あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
バーチャルボーイ

バーチャルボーイ

バーチャルボーイ(ばーちゃるぼーい、VIRTUAL BOY)は、任天堂が開発・発売した初の3D立体視技術を搭載した据置型ゲーム機。開発はリフレクション・テクノロジーの技術をベースに、横井軍平が中心になって行われ、1995年7月21日に発売された。

特徴

スタンドとモニターを内蔵したゴーグル型の本体が一体となっており、ゴーグル内のディスプレイ画面を覗き込むようにしながら専用コントローラを用いてゲームをプレイする。左目と右目の画面で異なる映像を表示することにより、視差という形で立体画面が映し出される仕組みとなっている。

据置型ゲーム機ではあるが、本体自体に画面が搭載されているためテレビに接続することがなく、卓上などに置いてプレイするデスクトップ型スタイル、また乾電池によって稼動するという、他のゲーム機に比べると極めて特殊なゲーム機である。 サウンドはゲームボーイと同じ波形メモリ音源を用いており、音質もゲームボーイとほぼ同じである。色数はスペック上赤色単色だが、代わりとして画面の明るさを調節できる機能がある。 また、専用コントローラに十字キーを左右に2つ搭載している唯一の家庭用ゲーム機でもある。

発売後

しかし、バーチャルボーイが発売された1995年は、前年暮れに発売されたセガサターンやPlayStationがゲームユーザーの中で話題沸騰となっている中であり、任天堂が発売した家庭用ゲーム機の中でも、現行機のWii Uを除き出荷台数が国内でミリオンに到達しなかった唯一の据置型ゲーム機である(世界累計では100万台に達している)。

見た目や構造が斬新すぎたこと、立体映像を観賞できるのがディスプレイ画面を覗き込んでいるプレイヤー本人のみであること、宣伝時に立体の面白さを当時のテレビや雑誌上などで伝えるのが困難であったことなどが主な理由として挙げられる。 専用ソフトも、日本国内だけでも19本ほどしかなく、それらは全て1995年内のみに発売されている。また、発売に至らなかった開発中止ソフトも多数存在する。

1年も持たずしてバーチャルボーイ事業は失敗に終わったが、その後、16年後の2011年に発売されたニンテンドー3DSをもって立体画面搭載の3Dゲーム機の再起を果たした。

主な作品

全作品1995年発売である。一部の作品は1996年初頭に海外限定で発売されている。

  • 7月21日 テレロボクサー
  • 7月21日 ギャラクティックピンボール
  • 7月21日 レッドアラーム
  • 7月21日 マリオズテニス
  • 8月11日 バーチャルプロ野球'95
  • 8月12日 バーティカルフォース
  • 9月28日 マリオクラッシュ
  • 9月29日 スペーススカッシュ
  • 9月29日 ジャック・ブラザースの迷路でヒーホー!
  • 10月13日 インスマウスの館
  • 12月1日 バーチャルボーイワリオランド アワゾンの秘宝
  • 12月22日 バーチャルボウリング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ