あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
バルーンファイトシリーズ

バルーンファイトシリーズ

バルーンファイトシリーズ

『バルーンファイト』シリーズとは、任天堂より発売されたアクションゲームシリーズである。

概要

1984年にアーケード版『バルーンファイト』が稼働開始。開発は任天堂、エスアールディー。販売は任天堂から。風船をつけた主人公(『大乱闘スマッシュブラザーズDX』での名称はバルーンファイター)を操作して、敵キャラクターを倒しながらゲームを進めていく。元々はアメリカのゲーム開発会社であるウイリアムス社が開発した『ジャウスト(Joust)』のアレンジ作品。キャラクターの移動に慣性が働いているため、従来のアクションゲームにはない独特な操作感が特徴の作品である。1985年1月22日にはファミリーコンピュータへの移植版も発売。今作には現任天堂代表取締役社長の岩田聡も開発に参加。単純でいて奥の深いゲーム性と独特な操作感、対戦モードの熱中度の高さなどが評価されてヒット作に。ファミリーコンピュータを代表するアクションゲームのひとつとなった。その後、1985年10月にPC-8801、1985年11月にX1などさまざまなプラットフォームへ移植。2004年5月21日にはファミコンミニシリーズのひとつとして、ゲームボーイアドバンス用ソフトとして移植されている。また、2007年11月13日にWii、2012年8月22日にニンテンドー3DS、2013年4月27日にWii Uと、それぞれバーチャルコンソールで配信が開始されている。

その他シリーズ作品

アメリカで1990年10月5日に、『バルーンファイト』の続編タイトルとなる『Balloon Kid』がゲームボーイ用ソフトとして発売。本作は日本で発売されなかったが、1992年3月27日にファミリーコンピュータ用ソフトとして、キャラクターをサンリオの人気キャラクターであるハローキティに変更した『ハローキティワールド』が発売。さらに、2000年7月31日には『Balloon Kid』のゲームボーイカラー対応版『バルーンファイトGB』が発売された。また、非売品だが2006年度のクラブニンテンドープラチナ会員特典として、ニンテンドーDS用ソフト『チンクルのバルーンファイトDS』も配布された。本作は、キャラクターが『ゼルダの伝説』シリーズに登場するキャラクター、チンクルに変更されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ