あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
バルダーズゲートシリーズ

バルダーズゲートシリーズ

バルダーズゲートシリーズ

『バルダーズゲート』(Baldur's Gate)シリーズとは、BioWareが開発するロールプレイングゲームシリーズである。

概要

1977年に発売されたテーブルトークRPGアドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ』を基にしたRPG作品シリーズ。開発はBioWareで、Interplay Entertainmentが販売する。日本語版はセガより販売された。プラットフォームはPC。『ダンジョンズ&ドラゴンズ』に登場する架空の世界「フォーゴトン・レルム」を舞台にゲームが進んでいく。パーティー人数は最大6人で、主人公はプレイヤー自身がクリエイトすることが可能。

作品

バルダーズ・ゲート

1998年に発売されたシリーズ1作目。経験値上限は89,000となっており、低レベルでの冒険が中心となっている。翌年1999年には、拡張シナリオ『バルダーズ・ゲート テイルズ オブ ザ ソードコースト(Baldur's Gate: Tales of the Sword Coast)』が発売。ダンジョンや呪文が追加された。経験値の上限は161,000。後に、『バルダーズ・ゲート』と『バルダーズ・ゲート テイルズ オブ ザ ソードコースト』がセットになった『バルダーズ・ゲート完全版』も発売された。

バルダーズ・ゲート2

2000年にシリーズ2作目となる『バルダーズ・ゲート2 シャドウ オブ アムン(Baldur's Gate II: Shadows of Amn)』が発売。前作『バルダーズ・ゲート』からのキャラクター引き継ぎも可能。経験値の上限は2,950,000。高レベルの冒険が可能となっている。翌年2001年には、拡張シナリオ『バルダーズ・ゲート2 スロウン オブ バール(Baldur's Gate II: Throne of Bhaal)』が発売。シリーズの完結シナリオ作品となる。経験値上限は8,000,000となり、高レベルクラス技能や、呪文のほかに、さまざまな機能やシステムが追加された。後に、『バルダーズ・ゲート2 シャドウ オブ アムン』と『バルダーズ・ゲート2 スロウン オブ バール』をセットにした『バルダーズ・ゲート2完全版』が発売された。

ダークアライアンスシリーズ

PlayStation 2用タイトルとして発売されたスピンオフシリーズ。2003年10月に1作目となる『バルダーズゲート・ダークアライアンス(Baldur's Gate: Dark Alliance)』が発売。正統派のRPG作品である従来のシリーズ作品とは異なり、ディアブロライクのクォータービューアクションRPGとなっている。一人でプレイするシングルモードの他に、2人でゲームを遊ぶことができるダブルプレイモードも搭載されている。2004年12月には、続編である『バルダーズゲート・ダークアライアンスII(Baldur's Gate: Dark Alliance II)』も発売された。

エンハンスド・エディション

バルダーズゲート』および、『バルダーズ・ゲート2』のリメイク作品。2012年11月に『バルダーズ・ゲート: エンハンスド・エディション(Baldur's Gate: Enhanced Edition)』の販売、配信が開始された。『バルダーズ・ゲート完全版』を基に、グラフィックの強化や新キャラクター、新ダンジョンを追加、その他数多くの改善がされている。2013年6月にATARIとの契約上の問題により、一時的に販売が停止されていたが、同年8月に販売が再開。11月には日本語追加も含むパッチがリリースされた。また、同時期に『バルダーズ・ゲート2完全版』をベースとしたリメイク作品『バルダーズ・ゲート2: エンハンスド・エディション(Baldur's Gate II: Enhanced Edition)』も販売した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ