あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
バットマンアーカムシリーズ

バットマンアーカムシリーズ

『バットマン アーカム』(Batman: Arkham)シリーズはRocksteady Studiosが開発し、EIDOSが販売していたフランチャイズ(現在はWarner. Bros Games Montrealが開発、販売)。2010年1月14日に第1作目が発売され、3作までリリースされている。

概要

DCコミックの大人気作品『バットマン』を題材としたアクションアドベンチャーゲーム。バットマンが敵と戦いながら様々な特殊ツールを使ってステージを進める事になる。バットマンファンだけではなく、ゲーマーからも高い評価を受けた。

詳細

  • 従来の『バットマン』ファンがニヤリとする小ネタがゲームの様々な箇所に散りばめられている。
  • 「フリーフローコンバット」は簡単な操作で複数の相手とシームレスに格闘できるシリーズ独自の戦闘システムである。
  • 『バットマン』を知らないゲーマーのために、キャラクターの詳細や専門用語などの解説が充実している。
  • バットマンは原作同様、不殺を貫いているため、銃器で敵を殺す事はできない。特殊ツールや隠密行動、ステージのギミックなどを利用して敵を倒すことになる。

『バットマン アーカム・アサイラム』(Batman: Arkham Asylum)

『バットマン アーカム・アサイラム』(Batman: Arkham Asylum)は、『バットマン』シリーズに登場する敵を収容したアーカム・アサイラム(アサイラムとは精神病院のこと)を舞台にしている。本作では、バットマンを操作して宿敵「ジョーカー」を相手に死闘を繰り広げていくことになる。(歴代バットマンシリーズの敵も多数登場する。)

  • 『バットマン アーカム・アサイラム』(Batman: Arkham Asylum)のシナリオはアニメシリーズ『バットマン』でもシナリオを執筆し、同作品でエミー賞にも輝いたポール・ディニが書いている。

『バットマン アーカム・シティ』(Batman: Arkham City)

『バットマン アーカム・シティ』(Batman: Arkham City)は、『バットマン アーカム・アサイラム』の続編。 2011年11月23日に発売された。本作でアーカムシリーズはストーリー上、完結することになる。

  • 本作でステージ制からオープンワールド制のゲームへと進化した。
  • 敵同士の何気ない会話が豊富になった。(会話から各情勢の状況やゲームのヒントを覗うことができる)

『バットマン アーカム・ビギンズ』(Batman: Arkham Origins)

『バットマン アーカム・ビギンズ』(Batman: Arkham Origins)は、『バットマン アーカム・アサイラム』の前編。ゴッサム・シティで若い頃のバットマンを操作することになる。2013年12月5日発売。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ