あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
ハイスコア

ハイスコア

コンピュータゲームにおけるハイスコアとは、高得点のことである。

概要

主にアクションゲームシューティングゲームなどで、敵を倒したりアイテムを獲得する、一定の条件を満たすなどをすると、得点を獲得出来る作品がある。このような作品において、高得点のことを「ハイスコア」と呼ぶ。作品によってハイスコアの扱いは異なるが、一定のハイスコアを獲得することによって、残機数が増加したり、キャラクターがパワーアップするといった、ハイスコアを獲得することによってゲームに影響が出る作品もある。

スコアを獲得するとゲームに記録され、過去にそのゲームを遊んだプレイヤーとのスコアを比較してランキング形式で表示する作品も多い。この際、ランキングの上位に表示されるほどのスコアを獲得した場合、「スコアネーム」という、プレイヤーの名前を付けることが出来る。アーケードゲームのプレイヤーの中には、ゲームのハイスコアランキングのトップを積極的に狙うプレイヤーもいる。そのようなプレイヤーを「ハイスコアラー」と呼ぶ。

ハイスコアによるイベント

ハイスコアランキングを導入している作品の中には、ランキングシステムを利用して、ユーザー参加型イベントを開催する作品もある。2006年にバンダイナムコゲームズから発売されたPSP用ソフト『Every Extend Extra』では、作品の発売に先駆けてWindows PC用の体験版を配信。2006年7月14日から2006年8月17日の間に上位100人のハイスコアを記録したプレイヤーには、PSP本体やiPodなどの賞品が送られた。[1]

また、ゲーム雑誌でも読者がゲームのハイスコアを申告し、集計してランキング形式で発表するというイベントも積極的に行われていた。そんな中、ゲーム雑誌「ファミリーコンピュータマガジン」内の「ハイスコアルーム」というコーナーで、毎号のように新作タイトルのハイスコアを投稿する読者が現れた。だが、後に編集部が本人に問い合わせたところ、彼の投稿したスコアが虚偽のもの、いわゆる「ウソスコア」だったことが発覚する。この事件は、投稿者のペンネームから「スーパータイガー事件」と呼ばれた。[2] スーパータイガー事件に加え、RPGなどの、スコアの競争ではなく、早解きやストーリーを楽しむプレイヤーが増えたため、ゲーム雑誌でのハイスコアイベントは徐々に減少していった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ