あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
ネオジオポケット

ネオジオポケット

ネオジオポケット(NEOGEO POCKET)とは、SNKが開発、発売した携帯ゲーム機である。

概要

ネオジオポケットは、1998年10月28日にSNKから発売された携帯ゲーム機である。略称は「ネオポケ」または「NEOGEO POCKET」を略して「NGP」とも呼ばれている。モノクロ8階調の液晶ディスプレイを搭載。本体にはAボタンBボタン、電源ボタン、オプションボタンといったボタン類の他、ぐりぐりレバーというジョイスティックが搭載されている。

このぐりぐりレバーによる操作性の高さとデザインが評価され、1998年にはグッドデザイン賞を受賞した。テレビCMで「I'm not BOY. 誰だってBOYを捨てるときがくる」という挑戦的なキャッチコピーを流し、当時携帯ゲーム機の中で圧倒的人気を誇った、任天堂ゲームボーイに対抗して開発されている。

しかし、任天堂はネオジオポケットが発売する一週間前にゲームボーイカラーを発売。SNKはネオジオポケットが発売する前に、5ヶ月後にネオジオポケットの上位機種である「ネオジオポケットカラー」を発売すると発表していたこともあって、ヒットとはならなかった。

対応ゲームの特徴

大半のゲームは、開発元であるSNKから発売されている。人気格闘ゲームシリーズを多く発表してきたSNKらしく、ネオジオポケットでも『キング・オブ・ファイターズ』シリーズや『サムライスピリッツ』シリーズなどを発売した。しかし、ネオジオポケットにはA、Bボタンしかないために操作がしにくい、ハード性能の限界によりデフォルメされた作品しか発表できなかったなどの理由で、格闘ゲームファンからも高い評価が得られなかった。

また、サードパーティとしてはカプコンセガなども参入していたが、発売されたソフト数は少ない。ソフトラインナップはパチンコ・パチスロゲーム、脱衣麻雀ゲームなど、大人向けのソフトも多くリリースしていた。ネオジオポケットのソフトには、パッケージに推奨年齢が表示されている。

主な作品

  • KOFシリーズ
  • メタルスラッグシリーズ
  • SNK VS. CAPCOMシリーズ
  • SNK VS. CAPCOM 激突カードファイターズ
  • サムライスピリッツ!
  • パチスロアルゼ王国
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ