あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
ドヴァキン

ドヴァキン

ドヴァキン

『ドヴァキン(Dovahkiin)』とはBethesda Softworksが開発、販売したロール・プレイング・ゲーム(RPG)『The Elder Scrolls V: Skyrim』の主人公。

概要

『ドヴァキン』とは、ドラゴン語で龍の血族を意味する。「声の力(スゥーム)」を自在に操る才能を持ち、叫ぶ事で「ドラゴンシャウト」を使う事が出来る。また、ドラゴンの魂を吸収し、完全に滅ぼす事が出来る。

詳細

  • ドヴァキンは別名「ドラゴンボーン(Dragonborn)」とも言われる。
  • The Elder Scrolls V: Skyrim』の主人公は「容姿」「性別」「種族」「年齢」を変えられるため、これと言ったトレードマークはないものの、PC版のパッケージには角が付いた鉄の冠を被った勇ましい男が描かれている。
  • ドラゴン自体は、衛兵や馬でも倒す事が出来る。しかし、完全に復活しないようにするにはドヴァキンの力が必要である。
  • ドヴァキンは世に変革をもたらし、時代の移り変わりに現れる存在として、伝説上で語られてきた。
  • 相手を吹っ飛ばす、炎を吹く、スローモーション状態になる、霊体化する、仲間を呼ぶなど、様々な「ドラゴンシャウト」が存在する。
  • マイクロソフトXbox 360版ではKinectの機能を使ってボイスコマンドで「ドラゴンシャウト」を使う事が出来る。プレイヤーは「ドヴァキン」になりきれると同時に、煩わしいコマンド入力の手間が省けるメリットが発生する。ただし、マンション住まいなどのユーザーは、隣人を配慮して声量を控える事が好まれる。
  • ドヴァキンは八大神の一柱である竜神アカトシュに祝福された存在である。
  • ドヴァキンが囚人として処刑される瞬間、ドラゴンが襲撃した事で皮肉にも命を救われる事になる。
  • 「盗賊ギルド」に入ったり、鍛冶屋をしたり、ウェアウルフになるなど、何でもこなすため、ユーザーから「完璧超人」と称されている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ