あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
ドンキーコング(キャラクター)

ドンキーコング(キャラクター)

『ドンキーコング』(Donkey Kong)とは、任天堂が開発し、販売している『ドンキーコング』シリーズ、また『スーパードンキーコング』シリーズに登場するキャラクター。(ここではドンキーコング一族について紹介する)

初代ドンキーコング

1981年に任天堂が発売したアーケードゲーム「ドンキーコング」で、ボスキャラクターとして初登場した。当時の外見は、ただのゴリラで、マリオの恋人「ポリーン」をさらい、救出に向かうマリオを邪魔するという悪役であった。

1982年に登場した続編の『ドンキーコングJr』では、前作とは逆で、マリオにさらわれてしまう。また、後に1994年に発売された『スーパードンキーコング』シリーズでは村の長老「クランキーコング」として登場している。通称「初代ドンキーコング」。

  • クッパの登場により、「マリオのライバル」という立場が奪われてしまう。
  • 最終的に、マリオとは和解する事になる。

ドンキーコングJr

ドンキーコングJrは、1982年に登場した続編の『ドンキーコングJr』の主人公であり、ドンキーコングの息子。「Jr」と書かれたランニングシャツを着ているのが特徴。 マリオにさらわれた父親を助けるために奮闘していた。

二代目ドンキーコング

二代目ドンキーコングは、初代ドンキーコングの孫である。1994年11月26日に発売されたスーパーファミコン用ソフト『スーパードンキーコング』で初登場した。

「DK」と書かれた赤いネクタイを付け、相棒のディディーコングを引き連れている。性格は正義感が強く、仲間想いである。

  • 『スーパードンキーコング』の大ヒットにより、『マリオカート』シリーズや『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズなどのクロスオーバー作品で、正式な『ドンキーコング』として起用される。

  • 二代目ドンキーコングとマリオとは良好な関係を築いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ