あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
トランスフォーマー コンボイの謎

トランスフォーマー コンボイの謎

トランスフォーマー コンボイの謎

『トランスフォーマー コンボイの謎』(とらんすふぉーまー こんぼいのなぞ)とは、タカラ(現タカラトミー)より発売されたアクションゲームである。日本でのみ販売された。

概要

1986年12月3日にファミリーコンピュータ用ソフトとして『トランスフォーマー コンボイの謎』が発売。開発はイスコで、タカラより発売された。タカラより展開されていたおもちゃシリーズであり、テレビアニメや映画作品なども公開されている『トランスフォーマー』のゲーム作品。プレイヤーはサイバトロンのひとりウルトラマグナスとなり、デストロンに戦いを挑む。横スクロール型のアクションゲームで、十字キーで移動、ジャンプボタン、銃による攻撃ボタン、方向キー下ボタンで変形ができる。人気の高い『トランスフォーマー』のゲームということで話題となりヒット作となったが、非常に高い難易度やいくつかの問題点によって、現在ではファミリーコンピュータの代表的なクソゲーのひとつとして呼ばれることも多い。本作は2008年6月10日にWiiバーチャルコンソールで配信が開始された他、2014年8月7日にはiOS、Android用アプリとして本作のリメイク版『キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎』の配信が開始された。

問題点

いくつかの問題点を抱えている本作だが、クソゲーとされている一番の原因は非常に高い難易度である。プレイヤーキャラクターとなるウルトラマグナスは、敵や敵弾に接触すると一撃で死亡する。これだけなら他のアクションゲームでもよくあるが、本作の敵弾は非常に小さく攻撃も激しい。また、敵キャラクターのサイズも小さいものが多いため、こちらの攻撃を当てにくい。ステージ1から敵の攻撃が激しいため、ゲームスタートからすぐにやられてしまいゲームオーバーになってしまうプレイヤーも少なくなかった。その他にも、ボスが弱い、ステージの作りが似ている、BGMが一曲しかない、そもそもタイトルのコンボイの謎がゲーム中に明かされないなどの理由でクソゲーと評価されてしまう結果となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ