あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
ダウンロードコンテンツ

ダウンロードコンテンツ

「ダウンロードコンテンツ(DownLoadable Content)」とは、インターネットを介してダウンロードするゲームの拡張コンテンツである。日本では「追加コンテンツ」と呼ばれている事が多い。略称は「DLC」

特徴

ダウンロードコンテンツは、ゲームをさらに楽しむために作られたものであるため、その内容は「ステージ」「ストーリー」「装備」「アイテム」「ゲームモード」「音楽」「キャラクター」など様々である。それをネットワーク上のマーケットで有料、または無料でダウンロードする。

今までのゲームはコンテンツを販売する場合、拡張ディスクを販売するというスタイルをとっていたが、インターネットの普及により、PlayStation 3Xbox 360以降のゲームではDLCでの販売方法が主流となっていった。今やコンビニや家電量販店、ゲーム店などで各種ゲーム機のプリペイドカードを販売している体制も整っているため、DLCを気軽に購入できる。

「Xbox 360のDLCのあるタイトルは、平均で16%のユーザーが長い期間、手元に残してくれる」とマイクロソフトの担当者が語った。つまりメーカー側にも中古ゲームソフト対策としてのメリットがある。さらに、DLCを無料でダウンロード出来る「プロダクトコード」を予約特典や初回限定版に封入することによってゲームの売り上げに一役買っている。また、ゲーム機をインターネットに繋いでないユーザーのためにゲームディスクにDLCを組み込んだ廉価版が発売される事も多い。

批判

DLCという販売方法が誕生してから、ユーザーのためであるはずの追加コンテンツが商業目的のみで作られているとの批判が出ている。「アンロック商法」を例に挙げれば、本来ゲームディスクの内部に入っているはずのコンテンツにロックがかかっていて、ユーザーが追加料金を支払うことによってロックが解除されるシステムは、納得出来ないユーザーが多く、非難の的になっている。

しかし、ゲームのクオリティを保つために、または次回作の予算のためには、どうしてもDLCの利益が必要という企業側の意見も見受けられる。さらにコンテンツの価格が内容に対して見合っていないとの批判も多い。本編のクオリティに見合ったコンテンツを作らなければならないため、メーカー側の努力も要求される。近年ではユーザーの負担を軽くするためにシーズンパス制を導入し、DLCを一括購入することによってコンテンツ単体の価格を値下げするという対策を取り計らっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ