あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
セガサターン

セガサターン

1994年11月22日に発売された家庭用ゲームハードである。発売元はセガ・エンタープライゼス(現在は株式会社セガ)。 発売時の国内価格は44,800円である。

名称はセガが手がけた6番目のゲームハードであることから、太陽系大六惑星の土星にちなんで、セガサターンと名付けられた。 ユーザーにはサターンという略称で呼ばれ、文章表記ではSSと略される。

1994年、当時の次世代ゲーム機戦争で戦った名機のひとつであり、数々の名作を生み、セガマニアから最も愛されているハードといっても過言ではない。

ハードの評価

セガサターンは業務用タイトルからの移植作が多数あり、他のゲームハードと比べて移植の出来が良いと評価されるものが多かった。さらに『サクラ大戦』や『NiGHTS(ナイツ)』や『ドラゴンフォース』など、ハード専用タイトルも評判が良い作品が多かった。

ハードのデザイン面では、コントローラの使用感が操作しやすいものとしてユーザーに高く評価されている。

本体には、セーブエリアを増やす「パワーメモリー」などを挿入できるカートリッジの差し込み口があるが、端子の接触部分が少なく、接触不良を起きやすい仕様であった。 さらに「パワーメモリー」を使い込むうちにセーブデータが全て消去されるといった不具合が発生し、ユーザーの不満の声が絶えなかった。 そのため、接触不良を起こすカートリッジの隙間に堅紙などを入れて応急処置をするユーザーもいた。

さらに、セガサターン本体にはリチウム電池(CR2032)が必要で、電池が切れると本体に保存してあるセーブデータが消えてしまうため、どうしてもセーブデータ関連に悩まされるハードでもあった。

プロモーション

セガサターンは宣伝においても印象が強いCMが多く出しており、それがゲームをやらない層にも目にとまり、評価されている。 特に、藤岡弘演じる「せがた三四郎」シリーズのCMは有名で、セガサターンそのものを知らない人ですら「せがた三四郎」を知っている程である。 ちなみに、現在でも藤岡弘は「せがた三四郎」として活動を行っている。

補足

  • セガサターンは32ビットのCPUを二個搭載しているため、ゲーム専門雑誌では「実質64ビット」と謳っていた。
  • ちなみにメガドライブなど、今までのハードと違い、前の機種のゲームを遊べる機能である後方互換は付いていない。
  • セガサターンのディスクであるCD-ROMは、「サターンリング」というコピー防止の情報が書かれているため、従来のCD-ROMと比べて記憶容量が少ない。

代表作

  • バーチャファイター
  • パンツァードラグーン
  • NiGHTS(ナイツ)
  • サクラ大戦
  • 電脳戦機バーチャロン
  • デイトナUSA
  • ドラゴンフォース
  • バーチャコップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ