あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
スライム

スライム

スライム

『スライム(Slime)』とは、ロール・プレイング・ゲーム(RPG)をはじめ、様々なゲームに登場するモンスター。Slimeとは、ある種の性状を持った物質(どろどろ、ぬるぬるしたもの)を大ざっぱに指す言葉で、玩具として扱われる事もある。

概要

スライムは、RPGに頻繁に登場するモンスターで、序盤から中盤にかけて現れる。ゼリー状の体をしており、意思を持って行動するアメーバのような生物として描かれている。スライムが序盤に登場するゲームは簡単に倒す事が出来るが、中盤あたりから登場するゲームは、魔法などの特別な攻撃をする事でしか倒せない傾向がある。

  • スクウェア・エニックスの『ドラゴンクエスト(DRAGON QUEST)』シリーズでは、敵モンスターであると同時にマスコットキャラクターとして扱われており、友好的なスライムがいたり、人語を話す者もいる。青色の「スライム」の他に、赤い体の「スライムベス」やクラゲの姿をした「ホイミスライム」、倒すと大量の経験値がもらえる「はぐれメタル」など、様々な派生モンスターが登場する。
  • Mojangの『マインクラフト(Minecraft)』に登場するスライムは、四角い形状となっており、攻撃すると2~4匹の小さなスライムに分裂する。倒すと「スライムボール」というアイテムがが手に入り、「粘着ピストン」を作るための素材として扱われる。
  • スクウェア・エニックスの『ロマンシング・サガ 2』では、ボスキャラクターとして登場する。「ぶよぶよ」した形状のため、素手のみを武器としている武道家では倒せない。プレイヤーは術や斬撃が出来る武器を使い、戦う事になる。
  • コーエーテクモゲームスの『アトリエシリーズ』では「ぷにぷに」として名を変え、登場している。序盤に登場する敵モンスターで、倒すと「ぷにぷに玉」というアイテムが手に入り、「中和剤」を作るための材料として扱われる。
  • 1974年にアメリカで発売されたTRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』で、はじめてスライムが登場した。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ