あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
スピードラン

スピードラン

スピードラン

「スピードラン(Speed Run)」はやり込みプレイの一種。いち早くゲームクリアを目指すプレイスタイルである。

概要

スピードランは、最速でゲームクリアを目指すやり込みプレイで、多くのゲーマーが一度は挑戦しているプレイスタイル。RPGからアクションゲームまで、様々なゲームジャンルで行われており、ストーリーやイベント、おまけ要素などは無視、または飛ばして最速でクリアするのが目的である。また、スピードランのプレイ動画をYoutubeなどの動画サイトにアップロードし、他のプレイヤーとクリアタイムを競い合って楽しむユーザーもいるため、ゲームを盛り上げるプレイスタイルとなっている。

特に、スピードランプレイヤーによって構成されているコミュニティ「SourceRuns」は、スピードランに挑戦するゲームを徹底解析し、高度なテクニックや、仕様、ゲームシステムの隙を突いた裏技などを利用し、驚異的なタイムを打ち出している。2012年にはValveのパズル系ファースト・パーソン・シューター(FPS)『ポータル(Portal)』を10分未満でクリアしており、世界中のゲーマーを驚かせた。

詳細

  • バグを利用したテクニックはスピードランとして認められているが、チートや改造ツールなどを用いたスピードランは、TAS(Tool-Assisted Run)の範疇となっている。
  • 2012年、Youtubeでニンテンドー64版『ゴールデンアイ 007』のスピードラン動画がアップロードされた。驚異的なクリアタイムもさる事ながら、レースゲームで使われる専用コントローラ「ステアリングホイール」を用いてシューターをプレイしている点が多くのゲーマーを驚愕させた。
  • スピードランを行う上で、徹底的な検証、プレイヤースキルの向上、知識などが必要で、最速のタイムを打ち出すには2年以上の期間を要する事もある。例えば、ValveのFPS『ハーフライフ 2(Half-Life 2)』で1時間27分51秒というクリアタイムを記録したSourceRunsは、600日以上の研究期間を要した。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ