あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
ステンバーイステンバーイ・・・ゴッ

ステンバーイステンバーイ・・・ゴッ

ステンバーイステンバーイ・・・ゴッ

「ステンバーイステンバーイ・・・ゴッ」は、Infinity Wardが開発し、Activisionが販売したFPS『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(Call of Duty: Modern Warfare)』に登場する名台詞。

概要

「ステンバーイステンバーイ・・・ゴッ」は、隠密ミッション「ワン・ショット、ワン・キル(One Shot, One Kill)」に登場した名台詞。1995年、マクミラン(MacMillan)大尉とプライス(Price)少尉の二人は、イムラン・ザカエフを暗殺するためにウクライナのチェルノブイリに潜入していた。当時、まだ新人だったプライスは、マクミランのサポートの元、任務を遂行していく事になる。「ステンバーイステンバーイ・・・ゴッ」とは、マクミランの掛け声の事で、敵の隙を突いて隠れながら行動する際に使われている。

同ステージは、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』の中でも名場面と言われるほど高い評価を受けており、緊張感ある演出や敵に見つからずに任務を遂行するゲーム性が多くユーザーにインパクトを与えた。「ステンバーイステンバーイ・・・ゴッ」は、「ワン・ショット・ワン・キル」を代表する名台詞として今も語り継がれている。

トリビア

  • 「ステンバーイステンバーイ・・・ゴッ」が使われた正確な場面は、敵車両が駐留している下にもぐり、タイミングを見計らって通り過ぎるシーンである。
  • 日本語訳は「用意しろ、用意・・・行け!」である。
  • なぜ「スタンバイ」ではなく、「ステンバイ」というのかは日本人からしてみればマクミランの発音はネイティブのものであったからと推測される。
  • ソフトバンククリエイティブから出版されたギャグ漫画「以下略(作:平野耕太)」でも同作をパロディしたシーンが見られる。
  • 他にも同ステージから、敵を見事に倒した際に使われる「ビューティフォー」などの名台詞が生まれた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ