あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
スタジオ斬

スタジオ斬

有限会社スタジオ斬(Studio ZAN,Co.Ltd)は、日本のゲームソフト開発メーカーである。

概要

おバカゲーとして名高い『ライジング ザン ザ・サムライガンマン』を制作した須永誠氏が株式会社ウエップシステム独立後に旗揚げした企業。ゲームソフトやコンピューター映像関連の企画・制作・販売を行っている。

コナミスパイクバンダイなど、ゲームメーカーからの受託業務を中心に行っているが、3Dアクションゲーム『OVER TURN』を代表とするオリジナルゲームソフトも非常に人気がある。検定ゲーム、アクションゲーム、萌えゲーと、手がけているゲームジャンルはとても幅広い。

これまではコンシューマーゲームの開発がメインであったが、近年では活動の舞台をモバイル端末向けのソーシャルゲームにも伸ばしている。GREEで提供されている3Dロボットカードバトルゲーム『OVERTURN SAGA』は非常に好評である。

歴史

  • 1999年 株式会社ウエップシステムより、現代表取締役の須永誠氏らが中心となって開発した3Dアクションゲーム『ライジング ザン ザ・サムライガンマン』が発売され、熱狂的なファンを獲得する。

  • 2004年 須永誠氏が東京都新宿区高田馬場に「有限会社スタジオ斬」を設立。以後、様々なゲームメーカーからゲームソフトの開発業務を請け負う。

  • 2008年 スタジオ斬初の自社タイトルとなるWii用対戦アクションゲーム『OVER TURN』をリリース。

  • 2010年 二作目の自社オリジナルゲームソフト『ジャンケンパーティーぱらだいす』をリリース。

  • 2012年 GREEプラットフォームに本格的に参入し、『OVER TURN』のスマートフォン向けソーシャルゲーム版をリリース。

代表作

  • OVERTURN SAGA(2012年)
  • メイド☆ぱらだいす〜目指せ!メイドナンバーワン!〜(2011年)
  • ガチトラ! 〜暴れん坊教師 in High School〜(2011年)
  • ジャンケンパーティーぱらだいす(2010年)
  • OVER TURN(2008年)
  • ダンジョンエクスプローラー 〜盟約の扉〜(2007年)
  • 大人の女力検定(2007年)
  • 大人力検定(2007年)
  • ご当地検定DS(2006年)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ