あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
サクラ大戦

サクラ大戦

『サクラ大戦』シリーズとは、セガが開発、販売されているフランチャイズ。1996年9月27日にセガサターンから第一作目が発売され、大ヒットを起こし、セガの代表作として確固たる地位を築いた。アニメ、映画化、パチスロ、ラジオ、ミュージカル化、コミカライズなど、幅広い展開をしている。

概要

『サクラ大戦』シリーズは、恋愛シミュレーションと戦略シミュレーションが融合したゲームで、ストーリーや恋愛を楽しむアドベンチャーパートと「霊子甲冑」というロボットを操り、ターン制バトルを楽しめる戦闘パートに分かれているのが特徴。

プレイヤーは主人公「大神一郎」を操作し、秘密部隊「帝国華撃団・花組」のヒロイン達と共に、巨大な悪と戦う事になる。

詳細

  • スチームパンクの世界を取り入れた大正時代の日本が舞台となっている。(そのため、蒸気機関の技術は現代より遥かに発達している)

  • ヒロインの好感度が戦闘パートで反映されるシステムとなっている。(ヒロインの好感度が高いと攻撃力や防御力が補正される)

  • 本編に挿入されているアニメーションシーンもハイクオリティなものとなっており、シリーズの特徴のひとつとなっている。

  • ストーリーもテレビアニメーションを意識した作りとなっている。(一話終了するごとに次回予告のムービーが流れたり、アドベンチャーパートでアイキャッチが挿入されるなど)

  • 平常時、ヒロイン達は「大帝国劇場」に拠点を置く劇団「帝国歌劇団」の女優として活動をしており、主人公の大神一郎は「大帝国劇場」で働く「もぎり」として働いている。(基本、どのシリーズも登場するキャラクターは身分を隠している)

  • ゲーム本編をクリアするとミニゲームや様々なオマケ要素を楽しめる「帝劇の長い一日」モードが追加される。(休日の大神一郎がのんびりと過ごす設定となっている)

  • 『サクラ大戦 3 ~巴里は燃えているか~』では舞台をフランスのパリへ移し、大神一郎は「巴里華撃団」を指揮する事になる。続編の『サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~』では帝都東京に舞台を戻し、大神一郎を主人公にしたシリーズの最終作として幕を閉じた。

  • 『サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~』では、主人公が大神一郎から「大河新次郎」へと変更した。しかし、「大神一郎あってこそのサクラ大戦」と不満をもらすユーザーもいた。(大神一郎はヒロイン以上に人気があるキャラクターであった)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ