あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
ゲーメスト

ゲーメスト

ゲーメスト

ゲーメストとは、かつて新声社より発刊されていたゲーム雑誌である。主にアーケードゲームを中心にした記事を掲載していた。

概要

新声社より1986年4月に創刊されたゲーム雑誌。キャッチコピーは「ゲームセンターを10倍面白くする本」。ライターはゲームセンターなどで活躍する上級プレイヤーが務めることも多く、攻略記事の密度が非常に高かったことから当時のプレイヤー達から高い人気を獲得した。特に、対戦型格闘ゲームやシューティングゲームに関しての攻略記事は人気が高く、当時の対戦型格闘ゲームブームに乗り部数を増やしていった。しかし、対戦型格闘ゲームのブームが落ち着いた後も対戦格闘ゲームを中心とした記事に紙面の多くを割き、徐々に人気は低迷。発刊元である新声社が1999年に経営破綻したことに伴い、ゲーメストも廃刊した。ゲーメスト廃刊後、同誌の編集者、ライターの一部のスタッフがエンターブレインへと移り、ゲーム雑誌月刊アルカディアを創刊した。

新語・誤植

ゲーメストの記事中には、めくりや当て身、シューティングゲームで使われる安全地帯など、当時存在しなかったが現在でも使われているゲームの用語の発祥とされるものがいくつか存在する。その反対に、「インド人を右に」や「ザンギュラのスーパーウリアッ上」「レバー入れ大ピンチ」など、多くの印象的な誤植も多い雑誌として話題になった。これは、記事を担当していたライターが、雑誌の編集に関わりのなかったゲームのプレイヤーが務めることが多かったため、記事を手書きで書いていたことによるものである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ