あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
クレイトス

クレイトス

クレイトス(KRATOS)とは、ソニー・コンピュータエンターテイメントが販売する『ゴッド・オブ・ウォー(GOD OF WAR)』シリーズに登場するキャラクター。日本語版の声優は玄田哲章。

設定

クレイトスは、かつて、数千の兵をまとめるスパルタの将軍であった。しかし、蛮族との戦いで苦戦し、戦いの神「アレス」に加護を求めた事で、クレイトスの人生はがらりと変わってしまう。

クレイトスにアレスに力を貰い受けた瞬間、肌の色は白くなり、体中に赤い模様が張り巡らされ、手には鎖がついた短剣「ブレイズオブカオス」を持っていた。そして、アレスに与えられた力と武器で、蛮族の長「バーバリアンキング」打ち倒す。

しかし、クレイトスは、アレスの下僕として永遠に生き永らえなければならなくなったのだ。さらに「ブレイズオブカオス」には手にした者に狂気をもたらす魔力があった。魔力にかかったクレイトスは、目の前にいる全てを皆殺しにし、ついには妻子に手をかけてしまう。

我に返ったクレイトスは、自分の過ちに苦悩し、戦いの神「アレス」に復讐を誓い、さらには、全ての神々を憎むのであった。

詳細

  • その外見から敵である神々に「スパルタの亡霊」と呼ばれている。

  • クレイトスはギリシャ神話の神「クラトス」がモデルである。クラトスとはギリシア語で力を意味する。

  • 超人的な身体能力を持っているだけではなく、神々から与えられた、もしくは奪った魔法を使う事が出来る。

  • クレイトスは復讐にしか興味ないため、味方であるスパルタ兵や無抵抗の市民を殺す事に躊躇ない。

  • 『ゴッド・オブ・ウォー アセンション(God of War Ascension)』では、これまでの惨忍残虐な姿ではなく、妻娘の記憶と己が犯した過ちの中で苦悩する一人の人間としての姿が本作では描かれる。

  • 2005年に発売されたPlayStation 2版『ゴッド・オブ・ウォー(God of War)』で初登場した。

  • 2013年1月31日にPlayStation 3PlayStation Vitaで発売されたクロスオーバー作品『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』にプレイヤーキャラクターとして出演した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ