あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
クラップハンズ

クラップハンズ

株式会社クラップハンズ(CLAP HANZ Corporation)は日本のゲーム開発会社である。

概要

株式会社クラップハンズは株式会社キャメロットで『みんなのGOLF』の企画・プログラムを担当していた村守将志氏が独立し、立ち上げた会社である。会社所在地は横浜市西区。設立は1998年4月2日。資本金1,000万円。

歴史

社長の村守氏は以前、「マリオゴルフ」シリーズや「黄金の太陽」シリーズ、「シャイニング・フォース」シリーズの開発を行っていたゲームメーカーの「キャメロット」に在籍していた。『みんなのGOLF』開発後に独立し、『みんなのGOLF2』の制作のためにクラップハンズ社を立ち上げた。

設立から一貫して人気シリーズである「みんなのスポーツ」シリーズの開発を手がけている。会社設立から1年後に『みんなのGOLF2』が発売され、売上100万本を突破する。その後も続編がリリースされるたびにミリオンヒットを飛ばしている。

『みんなのGOLF5』からはPlayStation 3での発売となり、それに伴ってダウンロードコンテンツが新たにゲーム内に加えられた。シリーズ最新作である『みんなのGOLF6』には有料コンテンツとして「パックマン」や「龍が如く」の「桐生一馬」などが使用キャラクターとして使えるようになった。

「みんなのGOLF」以外にも「みんなのスポーツ」シリーズを開発しており、2006年にはPlayStation 2専用ソフトとして『みんなのテニス』を発売し50万本の売上を記録、2009年にはPlayStation Portable専用ソフトとして『みんなのスッキリ』が発売された。

特に『みんなのスッキリ』は空き時間にスッキリすることができるゲームとして売上を伸ばしており、「おそうじ」「ジオラマ大作戦」「ホームラン」「空手道」など12種類のゲームが入っている。そのどれもが短い時間でスッキリできるゲームばかりである。

代表作

  • みんなのGOLFシリーズ(1999年)(1作目はキャメロットの開発)
  • みんなのテニス(2006年)
  • みんなのスッキリ(2009年)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ