あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
クライシス

クライシス

『クライシス(Crysis)』シリーズは、Crytekが開発し、エレクトロニック・アーツ(EA)が販売しているフランチャイズ。第一作目は2007年11月16日にPCから発売され、第二作目以降は家庭用ゲーム機でリリースするなど、マルチプラットフォーム展開をしている。クライシスとは日本語で「危機」という意味。

概要

『クライシス』シリーズは、SFファースト・パーソン・シューター(FPS)で、プレイヤーはNANOスーツを着た米軍の特殊部隊を操作し、敵対する人間やエイリアンと戦う事になる。非常に綺麗なグラフィックとNANOスーツを利用した戦略性がユーザーに高く評価されている。

  • 第一作目の『クライシス』は、2007年11月16日にPC版のみで発売されたが、2011年10月4日にソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のPlaystation 3マイクロソフトXBOX 360に移植された。

  • NANOスーツには様々な機能がある。(走りを早くする「スピード」、重い物を遠くまで放り投げる事ができたり、打撃力が向上する「ストレングス」、防御力、自然治癒能力が向上する「アーマー」、自分の姿を透明にする「クローク」など)

  • 第一作目の『クライシス』は、当時としては驚異的のグラフィックや物理演算がされているため、最高設定でプレイするには高いスペックが要求された。

  • 第二作目『クライシス ウォーヘッド(Crysis Warhead)』以降、1作目の箱庭のようなステージ構成から、一本道のステージ構成に変更された。

  • シリーズを通してエイリアンと戦う事になるが、エイリアンとの戦闘はユーザーから不評で、「エイリアンと戦っても爽快感がない」、「人間と戦ってる時の方が楽しい」、「エイリアンはいらないんじゃないか?」という意見が一部で見受けられる。

  • 『クライシス』シリーズの日本語吹き替えでユーザーから好評で、特に第一作目の『クライシス』ではNANOアーマーのモードを変更する際に、ナビゲーションする声を若本規夫が担当しているため、声優ファンから注目された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ