あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
カードeリーダー

カードeリーダー

カードeリーダー

カードeリーダーはゲームボーイアドバンスの周辺機器。2001年12月1日に発売された。希望小売価格は5800円。

概要

カードeリーダーはカードを集める楽しさと、カードを使って遊ぶ楽しさが融合したゲームボーイアドバンスの周辺機器。機器本体をゲームボーイアドバンスのゲームソフト差し込み口に差すと使用する事ができ、カードeに対応したポケモンカードを読み込ませる事で、キャラクターがゲームボーイアドバンス本体に登場し、様々なミニゲームが楽しめる事が出来た。

その後、通信機能が追加されたカードeリーダー+を2003年6月23日にリリースし、『どうぶつの森e+』『F-ZERO ファルコン伝説』『スーパーマリオアドバンス4』『ピクミン2』などのタイトルで活用された。こちらの使い方は、二台のゲームボーイアドバンスに通信ケーブルを接続し、片方はカードeに対応したゲームソフトを、もう片方はカードeリーダーを差し込む事で、アイテムやメッセージを受け取ったり、ミニゲームを遊ぶことが出来るようになっている。

  • カードeリーダーに対応しているポケモンカードはポケモンカードeシリーズのみで、カードの左部分を読み込ませるとキャラクターがゲームに登場し、カードの下部分を読み込ませるとキャラクターのデータの詳細を閲覧する事が出来る。
  • 任天堂以外でカードe+に対応したゲームボーイアドバンス専用タイトルはカプコンの『ロックマン エグゼ 4』『ロックマン エグゼ 5』『ロックマン エグゼ 6』『ロックマン ゼロ』の4つとなっている。
  • ゲームボーイアドバンスの後継機ニンテンドーDSには、ゲームボーイアドバンス用の差し込み口があるが、カードeリーダーに対応しておらず、物理的に差し込めなくなっている。
  • カードe+対応ソフトを遊ぶにはゲームボーイアドバンス二台が必要になるため、多くのユーザーは友人のゲームボーイアドバンスを借りて遊んでいたが、好きな時に使用できない煩わしさがあったため、あまり好評とは言えなかったが、実物のカードを使ってゲームと連動する機能自体は評価されていた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ