あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
カドゥケウスシリーズ

カドゥケウスシリーズ

カドゥケウスシリーズ

『カドゥケウス』シリーズとは、アトラスより発売されているSF外科手術アクションゲームシリーズである。

概要

2005年6月16日にシリーズ1作目となる『超執刀 カドゥケウス』が、ニンテンドーDS用ソフトとして発売。プレイヤーは外科医の月森孝介となり、さまざまな病気や怪我に苦しむ患者を治療していく。ニンテンドーDSのタッチパネルを活かしたシステムと手強いゲームバランス、そして完成度の高いシナリオが高い評価を得る。2006年12月2日には、1作目のリメイク作である『カドゥケウスZ 2つの超執刀』がWii用ソフトとして発売。2008年には同じくWii用ソフトとして前2作の続編である『カドゥケウス ニューブラッド』が発売。同年8月7日には、ニンテンドーDS用ソフト『救急救命 カドゥケウス2』が発売された。その後、2010年6月17日に『カドゥケウス』シリーズの流れを汲んだ続編タイトル『HOSPITAL. 6人の医師』がWii用ソフトとして発売された。

システム

本シリーズでは基本的に、シナリオを読み進めるアドベンチャーパートと、患者の体を治療する手術パートに分けられている。ゲームはステージクリア型で、手術パートをクリアすることで次のステージに進むことができる。手術パートでは、ニンテンドーDSのタッチパネル(または、Wiiのリモコン)を利用して切開や縫合、その他治療を行っていく。患者にはバイタル値(体力)があり、時間経過や手術のミスなどによって減少していく。バイタル値が0になってしまうとゲームオーバーになってしまう。また、ゲーム途中から「超執刀」と呼ばれる特殊能力を使用可能になる。「超執刀」時は使うことでゲーム内の時間の流れを遅くすることができ、病状の進行も遅くなるので上手に活用しながら手術をしていくことが攻略の鍵となる。

ギルス

本シリーズには、実際に存在している病気や怪我の治療だけではなく「ギルス」という架空の病原体の対処も必要となる。ギルスにはさまざまな種類があり、患者の体を動きまわったり、特殊な施術でしか治療することができない。そのために正確な対処法を把握してから立ち向かう必要がある。『カドゥケウス ニューブラッド』では、ギルスの代わりに「スティグマ」という病原体が出現するようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ