あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
カセキホリダー

カセキホリダー

カセキホリダーシリーズ

『カセキホリダー』シリーズとは、任天堂が販売するロール・プレイング・ゲーム(RPG)である。

概要

2008年4月17日にシリーズ1作目となる『ぼくらはカセキホリダー』がニンテンドーDS用ソフトで発売。開発は任天堂レッド・エンタテインメントアートディンクM2の4社が協力して行った。販売は任天堂。発掘した化石からリバイバーと呼ばれる恐竜を生み出し戦わせていくRPGで、同社が販売する『ポケットモンスター』シリーズを思わせるコレクション性が高く評価され、幅広いファンを獲得した。2010年11月18日にはシリーズ2作目である『スーパーカセキホリダー』が発売。さらに2014年2月27日には、プラットフォームをニンテンドー3DSと移し『カセキホリダー ムゲンギア』が発売した。本作での開発はレッド・エンタテイメントとスパイク・チュンソフトが務めている。

基本システム

基本はターン制のロールプレイングゲーム。発掘によって獲得できるリバイバーと呼ばれる仲間を戦わせながらゲームを進めていく。戦闘はリバイバーを3体選び、3対3でのバトルとなる。リバイバーはそれぞれワザを持っており、それを繰り出すことによって戦っていく。しかし、ワザを繰り出すにはKP(カセキパワー)と呼ばれるポイントが必要になる。

発掘

本シリーズではゲーム中、発掘エリアで発掘作業ができる。発掘ではカセキ岩を掘ることにより、リバイバーの化石やアイテムを入手することができる。リバイバーの化石には頭、体、手、足の部位がある。また、レアな化石を掘ることができる黒カセキ岩もある。

クリーニング

発掘で掘った化石はクリーニングをする必要がある。クリーニングはドリルやハンマーなどといった器具を使って、ニンテンドーDSのタッチペンで行う。化石を掘っていき、中身以外を削り取っていくのだが、誤って中身を削ってしまうと化石ポイントが減点、ミスを続けてしまうと失敗となってしまう。また、クリーニング作業には制限時間があり、制限時間中に一定のポイントまでクリーニングを成功させることが出来なくても失敗となってしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ