あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
オープンワールド

オープンワールド

オープンワールドとは、ゲーム内に構築された広大な世界でプレイヤーがステージやクエストなどに左右されずに攻略・移動可能といった自由度の高いゲームデザインがなされているゲームを表す用語である。

概要

従来の3Dゲームでは、ゲームハードのスペック上の問題などにより、プレイヤーに対してゲーム世界のすべてを体験出来るように提供することが難しく、障害物や壁などによって制限されたステージ構成にしたり、あらかじめ用意された固定マップを行き来するというように、ルートや見え方が制限された形のゲームデザインが主な手法であったが、これらの手法ではゲーム内世界を広く見せることが難しく、見えていても行くことが出来ない場所があることによって閉塞感を高めてしまう側面を持っていた。

しかし、ハードスペックの上昇やプログラムなどの技術の向上によって、プレイヤーの操作キャラクター周辺に、一定の距離、構造を持ったマップの構築、表示をし続けることが可能になったことで、制限を加えることなく広大なゲーム世界内をシームレスに移動・攻略する体験をプレイヤーに提供出来るようになった。オープンワールドなゲームとされるもので、クエストなどに左右されず自由に攻略が可能なゲームを砂場に例えた「sandbox」と呼んだり、構築された広大なゲーム世界を大きな箱と捉えて「箱庭」、「箱庭ゲー」と呼ばれることもある。

日本と海外での認識の違い

日本ではオープンワールドというと、一般に、『Grand Theft Auto(グランド・セフト・オート)』シリーズなどの3D表現で自由に攻略・移動出来る広大な世界が提供されているゲームを指すことが多いが、海外では3Dゲームだけでなく、日本ではフリーローミング(広大な世界を自由に移動出来るゲーム)と称されるような『ドラゴンクエストシリーズ』を代表とする2Dで表現されたRPGなどもオープンワールドなゲームと認識されている。[1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ