あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
ウルトラマン倶楽部シリーズ

ウルトラマン倶楽部シリーズ

ウルトラマン倶楽部シリーズ

『ウルトラマン倶楽部』(うるとらまんくらぶ)シリーズとは、バンダイより発売されたテレビ特撮作品『ウルトラマン』シリーズのキャラクターを題材としたゲームシリーズである。

概要

1988年10月22日に、バンダイよりシリーズ1作目となる『ウルトラマン倶楽部 地球奪還作戦』がファミリーコンピュータ ディスクシステム用ソフトとして発売。日本を代表するテレビ特撮シリーズである『ウルトラマン』に登場するキャラクターがデフォルメ化されて登場する。ジャンルはロールプレイングゲーム。戦闘中、プレイヤー側が攻撃を選ぶと画面に照準が表示されて十字キーで操作可能。その照準を敵の弱点部位にあわせると、より大きなダメージを与えることができるシステムが特徴だった。1990年4月7日にはシリーズ2作目『ウルトラマン倶楽部2 帰ってきたウルトラマン倶楽部』がファミリーコンピュータ用ソフトとして発売。前作と変わり、戦闘がサイドビューとなった。さらに1991年12月29日には、3作目『ウルトラマン倶楽部3 またまた出撃! ウルトラ兄弟』がファミリーコンピュータ用ソフトとして発売。本作にて、ロールプレイングシリーズとして『ウルトラマン倶楽部』シリーズの開発は終了した。

ウルトラマン倶楽部 怪獣大決戦!!

1992年12月25日に発売。シリーズ4作目。プラットフォームはファミリーコンピュータで、開発はエンジェル。前作までのシリーズ作品とは異なり、ジャンルは横スクロールアクションとなった。また、最終ボスがテレビ番組『ウルトラマンタロウ』でシルエットのみ登場し、謎の存在であったエンペラ星人だったことも話題を集めた。

ウルトラマン倶楽部 敵怪獣ヲ発見セヨ!

1990年5月2日に発売。シリーズ5作目。プラットフォームはゲームボーイで、ゲームジャンルはシミュレーション。戦闘時は、配られたカードの数字が高いほうから攻撃ができるというシステムを採用している。一人プレイではウルトラ軍団しか操作できないが、通信ケーブルを使用した対戦モードでは、2プレイヤー側が怪獣軍団を使用できる。

DATACH ウルトラマン倶楽部 スポ根ファイト!

1993年4月23日に発売。シリーズ6作目。プラットフォームはファミリーコンピュータデータック専用ソフトである。ジャンルはスポーツゲーム。100m走、走り幅跳び、砲丸投げなどの種目を遊ぶことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ