あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
インブルー

インブルー

株式会社インブルー(inBlue.inc)は、東京都港区に本社を置く日本のソーシャルゲーム開発・運営会社である。2012年6月にネクソンの完全子会社となった。主にGREEMobage向けにソーシャルゲームのリリースを行っている。代表取締役社長は、大冨智弘。同氏は、楽天株式会社や複数のベンチャー企業に勤めたのち、データベースの構築等を手掛ける株式会社ディテールドおよびインブルーの代表を務めている。

概要

同社の処女作は、2011にサービスを開始した擬人化三国志カードゲーム「三国志ポケッツ」。同年には、擬人化戦国カードゲーム「戦国ポケッツ〜超美麗萌えカードバトル〜」。同作品は、多彩な美女武将キャラクターや育成要素などが評価され「GREE AWARD 2011」で特別賞を受賞している。

また、翌2012年にサービスが開始された美少女育成カードバトルゲーム「超破壊!!バルバロッサ」も「GREE AWARD 2012」の特別賞を受賞し、120万人以上のユーザー数を獲得する大ヒットとなる。

2013年には、親会社であるネクソンがサービス提供を行っている大人気MMORPG「マビノギ」のソーシャルゲーム版カードゲーム「マビノギソーシャル」や過激系美少女カードゲーム「超契約シヴェナリア」など多くのソーシャルゲームをリリースしている。

特徴

インブルーの特徴は、トップダウン型ではなく「全員参加型」の経営体制を実現していることによるスピードとクオリティを兼ね備えたコンテンツ開発力である。社員一人ひとりが「企画者であり開発者であり運用者である。」という意識をもち企画・開発を行っているという。

代表作

  • 戦国ポケッツ〜超美麗萌えカードバトル〜(2011)
  • 超破壊!!バルバロッサ(2012)
  • マビノギソーシャル(2013)
  • ドラゴンクローバー(2013)
  • 超契約シヴェナリア(2013)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ