あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
イャンクック

イャンクック

イャンクック

「イャンクック(Yian Kut-Ku)」とは、カプコンが開発、販売している『モンスターハンター(Monster Hunter)』シリーズに登場するモンスター。序盤から登場する敵としてシリーズファンから「イャンクック先生」の愛称で親しまれている。

概要

イャンクックは「密林の大怪鳥」という異名を持つモンスター。青色の体をしたイャンクックの亜種が存在する。『モンスターハンター』シリーズを通して序盤に登場しており、プレイヤーが最も多く倒すことになるであろう敵である。イャンクックを倒すには装備も必要であるものの、観察力や回復アイテムの使い時、攻め時と引き際など、基本的なプレイヤースキルが求められる。逆に言ってしまえば、イャンクックを一人で倒せるほどのプレイヤースキルを持っていれば一人前のハンターと言っていい。そのため、同シリーズのマスコットキャラクター「アイルー」に次いで人気があるキャラクターとして扱われており、「イャンクック先生」の愛称でファンから親しまれている。ファンの扱いを受けてか、公式では『モンスターハンターポータブル 2nd G(Monster Hunter Portable 2nd G)』では、イャンクックを100匹倒すと「先生」の称号を獲得できるようになっている。

外見は、ピンク色の体をした巨大なモンスターで、頭にはパラボラアンテナのような巨大な耳が備わっており、巨大なクチバシがトレードマークとなっている。耳が独特の形をしているのは、遠くの音を聞き分けるために独自に進化したものであるが、その反面、破裂音などの音に弱く、「音爆弾」などのアイテムを使うと破壊できてしまう。また、炎は吐かないものの、可燃性の液体を吐き出し、プレイヤーを火だるまにする事もできるので、油断は禁物である。

イャンクックを倒すと「怪鳥の甲殻」などの武器や防具に必要な素材が手に入り、アイテムショップで売ると良い値段になるため、序盤の金策において重要なモンスターと言える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ