あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
アーミーオブツー

アーミーオブツー

『アーミーオブツー』(Army of TWO)シリーズとは、エレクトロニック・アーツモントリオールが開発するTPSシリーズである。

概要

2008年3月にシリーズ第一作目となる『アーミー オブ ツー』がPlayStation 3Xbox 360用タイトルとして発売。開発はエレクトロニック・アーツモントリオールが担当した。

SSC(Security and Strategy Corporation)という民間の軍事会社に所属するタイソン・リオスと、エリオット・セーレムという二人の衛兵の活躍を描いたサードパーソンシューティング。本作では特に協力プレイ(Co-opプレイ)に重点が置かれており、シングルプレイをする場合でも、もう一方のキャラクターはAIによる操作が行われる。

アクション性の高さと協力プレイに重点が置かれたシステム、やりこみ要素の豊富さなどが高く評価された。

システム

アグロ

本作では銃撃を行うなど、目立った行動を取ることで敵から狙われやすくなる「アグロ」というシステムが導入されている。プレイヤーどちらのアグロがより蓄積されているかは、画面中央のアグロメーターで表示される。

プレイヤーどちらかにアグロが完全に傾くと、「オーバーキル」というスキルが発動可能になる。オーバーキル中は、アグロメーターが傾いている方のキャラクターが攻撃力が上昇する「パワーモード」に。もう一方のキャラクターは移動速度が上昇し、敵から発見されなくなる「ステルスモード」になる。

カスタマイズ

本作では敵の武器を取得して使用することができない。その代わり、ミッションをクリアすると資金を獲得することができる。ゲーム中、その資金を使い武器の購入、カスタマイズが可能である。

武器のカスタマイズには、威力や精度、アグロの上昇率などがある。また、武器のデザインもカスタマイズが可能で、デザインによってもアグロの上昇率が変化する。

作品

アーミー オブ ツー: The 40th Day

2010年1月に発売されたシリーズ2作目。プラットフォームはPlayStation 3、Xbox 360、PlayStation Portable。本作でも前作と同じく、協力プレイに重点が置かれた内容となっている。

また、本作ではミッション中に拘束した敵を殺すか生かすかなどの選択を迫られる場面があり、プレイヤーがどちらを選ぶかによって展開が変化するようになった。

Army of TWO ザ・デビルズカーテル

シリーズ3作目。2013年3月28日に発売。開発は『Dead Space』シリーズを開発したVisceral Gamesが担当している。前作までの主人公から代わり、ブラボーとアルファという二人の傭兵を操作してゲームを進めていく。

エンジンにFrostbite 2を使用し、グラフィックや破壊表現が強化された。また、アグロメーターやパートナーとの簡易コミュニケーションなど、前作まで可能だったアクションがいくつか削られている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ