あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
アルカノイド

アルカノイド

アルカノイドシリーズ

『アルカノイド』シリーズとは、タイトーより発売されたブロック崩し型アクションゲームである。

概要

1986年にシリーズ第1作目となる『アルカノイド』がアーケードゲームとしてリリース。開発、販売はタイトー。すでにゲームの一ジャンルして確立していたブロック崩しというジャンルに、敵キャラクターや自機の強化アイテムといった要素を付け加えた作品。アーケード筐体では円形のつまみを回転させることによって自機の操作ができるパドルコントローラーを採用。従来のパドルコントローラーでは採用されていなかった光センサーも導入し、操作性の向上や故障率の減少を成功させた。画期的なシステムや操作しやすいパドルコントローラーによって、すでにブームが過ぎていたブロック崩しのジャンルをもう一度蘇らせ、第2次ブロック崩しブームを作る作品となった。同年12月26日には、ファミリーコンピュータへの移植版も発売。本作品にはゲームソフトだけではなく、専用のダイアル式コントローラーも同梱された。翌年1987年には、2作目『アルカノイド リベンジ オブ Doh』をアーケードでリリース。本作もX68000版やファミリーコンピュータ版(タイトルは『アルカノイドII』)MSX版などの移植版が発売された。本作のリリース後シリーズの開発は中断していたが、1997年に10年ぶりとなるシリーズの新作『アルカノイドリターンズ』がアーケードでリリース。同年8月7日には、プレイステーション移植版も発売された。その後はメインプラットフォームを家庭用機に移し、新作をリリースしている。最新作は2009年5月26日にWiiウェア用ソフトとしてリリースされた『アルカノイド プラス』。

基本システム

基本のシステムはブロック崩し。画面下部に自機であるバウス(ラケット)が表示されており、それを操作して飛び続けるエナジーボールを反射させ、破壊可能なスペースウォール(ブロック)を全て崩せばステージクリアととなる。エナジーボールをバウスで跳ね返すことに失敗して、落としてしまうとミス。すべてのバウスが無くなってしまうとゲームオーバーとなる。また、本シリーズでは特定のブロックを破壊することでアイテムが出現する。アイテムを取ることでスコアのボーナスの他に、ボールの速度が遅くなる「スピードダウン」や、バウスが一定時間レーザーを撃てるようになる「レーザー」などのゲームが有利になる効果を獲得できる。作品によってアイテムの効果は様々で、難易度の高いステージを攻略する際の鍵となっている。

作品

  • 『アルカノイド』(AC,FC)
  • 『アルカノイド リベンジ オブ Doh』(AC,X68000,FC,MSX2)
  • 『アルカノイドリターンズ』(AC,PS)
  • 『アルカノイド Doh It Again』(SFC)
  • 『アルカノイドDS』(NDS)
  • 『アルカノイド プラス』(Wii)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ