あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
アクワイア

アクワイア

株式会社アクワイア(ACQUIRE Corp.)は、本社を東京都千代田区外神田に置く日本のゲームソフト開発などを行う企業である。主な事業内容は、家庭用ゲームソフト開発および販売、スマートフォンゲームアプリの開発及び販売、システム開発、CG制作。代表取締役は遠藤 琢磨。

歴史

同社は1994年の創業以来、コンテンツ開発のコンセプトとして「独自性」や「奇抜さ」を据え、常識にとらわれない製品・サービスを目指している。

同社が世間に注目されるきっかけとなったのは、1998年 ソニー・ミュージックエンタテインメントを発売元として発売されたPlayStation専用ソフト『立体忍者活劇 天誅』である。その後、本作はシリーズ化され2008年には『天誅 4』が発売されている。

また、2007年にPlayStation Portable専用ソフトとして発売された『勇者のくせになまいきだ。』は、ダンジョン・マネージメントという斬新なゲームシステムが高く評価されゲーム雑誌のレビュー等で高い評価を受けている。

2011年には、代表作『パズル&ドラゴンズ』で知られるオンラインゲーム運営会社ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の子会社となり、急速に拡大するスマートフォン市場への参入も積極的に行われている。

2012年にリリースされたiOSAndroid用パネルアクションRPG『ROAD TO DRAGONS(ロード・トゥ・ドラゴン)』は、150万DLを記録する大ヒットとなった。

その他、同社は3Dゲーム開発に必要不可欠なモーションキャプチャーにおいても自社のスタジオを持ち高い技術を有しており、自社の作品だけでなく他社への技術提供なども行っている。

2006年にはアエリアが株式の過半数を取得して子会社化。2012年にはガンホー・オンライン・エンターテインメントがアエリアから株式を取得し、ガンホーグループとなった。

代表作

  • 立体忍者活劇 天誅(1998)
  • 侍(2002)
  • 勇者のくせになまいきだ。(2007)
  • 剣と魔法と学園モノ。(2008)
  • ディバインゲート(2013)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ