あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
アクティビジョン

アクティビジョン

アクティビジョン

アクティビジョン(Activision)は、アメリカ合衆国最大のゲームメーカー。『コール・オブ・デューティー(Call of Duty)』シリーズ、『ギターヒーロー(Guiter Hero)』、『トゥルークライム(True Crime)』シリーズなどのパブリッシングを行っている事で有名。

概要

1970年代、当時のAtari社員である「アラン・ミラー」、「ボブ・ホワイトヘッド」、「ディビッド・クレイン」、「ラリー・カプラン」らはゲームタイトルがヒットしてもゲームクリエイターの報酬が変わらない体制に嫌気がさし、Atariを退社。1979年に世界初のサードパーティーとしてアクティビジョンを設立した。退社を決意した時点で、法的にサードパーティという制度が可能であると調査済みであった。

その後、ゲームメーカーとして成功を収め、2007年12月2日にはVivendi Games(ヴィヴェンディ・ゲームズ)と合併。社名をActivision Blizzard(アクティビジョン・ブリザード)にし、世界最大のゲーム会社となる。

2010年、アクティビジョンの経営方針に異議を申し立てたInfinity Wardのスタッフがエレクトロニック・アーツ(EA)傘下のスタジオ「Respawn Entertainment」を設立し、続々と人材が流出する事件が起きた。この事態にアクティビジョンは不当競争や受託者義務違反、Infinity Wardとの契約を意図的に妨害したとエレクトロニック・アーツを非難しており、4億ドルの損害賠償を求めている。

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が販売し、ノーティドッグが開発したアクションゲーム『クラッシュ・バンディクー(Crash Bandicoot)』シリーズのライセンスは、アクティビジョンが所有している。

世界最大手のゲーム会社であるアクティビジョンは、ファーストパーティーに圧力をかけられるほど影響力がある。2009年、PlayStation 3に対して「ソニーは(PS3本体を)値下げすべきだ。そうしなければ本体のソフト装着率はさらに減少していくだろう。もし我々が現実的になるなら、ソニーを支援するのは止めるかもしれない。2010年や2011年のことを考えると、我々はPS3へのサポートを検討する必要がある。PSPもだ。」と当時の社長Bobby Kotickが語っており、各メディアから注目を受け、SCEが声明を発表する事態にまで発展した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ