あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
わたしのぼうけんはこれでおわってしまった

わたしのぼうけんはこれでおわってしまった

わたしのぼうけんはこれでおわってしまった

わたしのぼうけんはこれでおわってしまったとは、ケムコより発売されたアドベンチャーゲーム、ファミリーコンピュータ版『シャドウゲイト』で表示されるメッセージである。パロディに用いられることも多い。

概要

日本では1989年3月31日にケムコより発売されたファミリーコンピュータ用アドベンチャーゲーム『シャドウゲイト』で表示されるメッセージ。本作は調べる、移動する、開ける、などのコマンドを選択することによって状況を突破し、ゲームを進めていくコマンド選択式のアドベンチャーゲームである。プレイヤーは王家の血を引く勇者となり、シャドウゲイトと呼ばれる城に乗り込み魔王ワーロックを倒すことが目的。本作の主人公は死にやすいことで有名で、いわゆる死にゲーの代表的な作品のひとつとされている。例を挙げると、ゲーム中にたいまつの火が消えると周りが暗くなり、壁に激突して死亡。コマンド選択で「つるぎ」を自分に対して使うと、自分の胸につるぎを突き刺して死亡などがある。このようにして、主人公が死んでしまうと画面に死神のグラフィックが表示され「ざんねん!!わたしの ぼうけんは これで おわってしまった!!」と表示されてゲームオーバーになる。前述した通り、本作の主人公は非常に死にやすく、自然とこのメッセージを目にする機会も多くなる。そのため、このメッセージが印象に残ったプレイヤーも少なくなく、メッセージそのもののインパクトの高さも加わり『シャドウゲイト』を代表するメッセージとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ