あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
ぬし釣りシリーズ

ぬし釣りシリーズ

ぬし釣りシリーズ

『ぬし釣り』シリーズとは、パック・イン・ビデオ(現・マーベラスAQL)が開発、販売するロールプレイングゲームシリーズである。

概要

1990年8月10日、シリーズ1作目となる作品『川のぬし釣り』がファミリーコンピュータ用ソフトとして発売。開発、販売はパック・イン・ビデオ(現・マーベラスAQL)である。川や湖で魚を釣り上げるフィッシングゲームなのだが、NPCとの会話による情報収集や、敵と戦闘してのレベル要素など、ロールプレイグゲームの要素が導入されている。1995年3月27日には、スーパーファミコン用ソフトとしてシリーズ2作目『川のぬし釣り2』を発売。さらに翌年1996年7月19日には、舞台を川ではなく海にした『海のぬし釣り』を発売した。その後、さまざまなコンソールで続編タイトルをリリースした。最新作は2007年6月28日にニンテンドーDS用ソフトとして発売された『川のぬし釣り こもれびの谷せせらぎの詩』である。

システム

基本はロールプレイングゲームのように、NPCと会話をして情報を収集し、買い物をして装備を整えながらゲームを進めていく。フィールドを歩くと敵キャラクターとエンカウントすることがあり、戦闘に突入。戦闘に勝利すると経験値を獲得して、経験値が一定数貯まるとレベルアップしてキャラクターが強化される。レベルアップでは、キャラクターパラメータの上昇だけではなく、釣りで釣り針をより遠くに飛ばせるようになるなど、釣りパートでも有利にゲームを進めることができるようになる。釣った魚は売却して、装備やアイテム、釣具を購入することが可能。

つり太郎

1994年7月8日にスーパーファミコン用ソフト『つり太郎』が発売。『ぬし釣り』シリーズと同じパック・イン・ビデオが開発、販売するフィッシングゲーム。フィッシングシステムは『ぬし釣り』シリーズと似ているが、RPG要素がない。1997年8月1日には続編の『ふね太郎』が発売された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ