あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
かまいたちの夜シリーズ

かまいたちの夜シリーズ

かまいたちの夜シリーズ

『かまいたちの夜』シリーズとは、チュンソフト(現スパイク・チュンソフト)が開発、発売するサウンドノベルゲームシリーズである。

概要

1994年11月25日にシリーズ1作目となる『かまいたちの夜』がスーパーファミコン用ソフトとして発売。92年に発売された『弟切草』に続く、サウンドノベルゲーム第2弾である。プレイヤーは滞在先のペンション「シュプール」で起こる殺人事件を解決するために謎を解いていく。推理ミステリー作品なのだが、事件の解決に失敗してしまうと殺人事件が進行し、ホラータッチの物語となる。完成度の高いシナリオと演出が評価され、サウンドノベルゲームの代表的作品のひとつとなった。また、本作は1998年にPlayStation用ソフトとして、2002年にゲームボーイアドバンス用ソフトとしてなど、さまざまなプラットフォームに移植されている。2002年7月18日には、シリーズ2作目となる『かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄』がPlayStation 2用ソフトとして発売。さらに2006年7月27日には、同じくPlayStation 3用ソフト、シリーズ3作目の『かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相』が発売された。『かまいたちの夜』シリーズは1作目から3作目までストーリーに繋がりがあったのだが、3作目となる『かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相』で物語は完結した。しかし、2011年12月17日に、PlayStation 3PlayStation Vita用ソフトとして、登場人物や舞台を一新したシリーズ4作目『真かまいたちの夜 11人目の訪問者』が発売された。

基本システム

本シリーズはサウンドノベル作品となっている。基本的には画面に表示される文章を読み進めていくことでゲームは進んでいく。だが、ゲーム中に選択肢が提示される場面があり、プレイヤーが任意で選ぶことができる。選択肢のどれを選んだかによって、その後のゲーム展開が変わるようになっている。また、『かまいたちの夜』シリーズでは事件の犯人を名指しで当てる場面があり、その場合は選択肢ではなく、文字入力によって犯人の名前を入力する必要がある。

マルチシナリオ

本シリーズでは複数のエンディング、シナリオが用意されている。基本的にはゲーム開始時にはひとつのシナリオしか遊ぶことは出来ないが、ゲームで異なるエンディングを迎えることで遊べるシナリオが増えていく。

テレビドラマ

2002年7月3日に、TBS系列で放送された2時間ドラマ。脚本は伴一彦。ゲームシリーズの第2作目『かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄』とのタイアップ企画として作られており、ゲームの初回版には本ドラマが全編収録されたDVDが同梱されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ