あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
いしのなかにいる

いしのなかにいる

いしのなかにいる

「いしのなかにいる」とは『Wizardry』シリーズで表示されるメッセージである。

概要

ロールプレイングゲーム『Wizardry』シリーズでは、ダンジョンに潜り、探索しながらゲームを進めていくことになる。ダンジョン内のマップには、移動可能な箇所と移動不可能な壁がある。しかし、何らかの事故で本来は移動できない壁の中にプレイヤーパーティが入ってしまうと「いしのなかにいる」というメッセージが表示される。このメッセージが表示されてしまうと、パーティは即死扱いとなり全滅となる。

作品によっては、キャラクターをどのような手段を使っても復活させることが出来ない「ロスト」状態にされてしまうこともある。パーティが移動不能な壁の中に入ってしまうには、主に2つの理由がある。ひとつめはワープ系呪文(マロール)や、その効果があるアイテムを使用した際に、座標指定を壁の中にしてしまったり、ランダムワープで壁を座標に飛んでしまった場合と「テレポーター」という罠にかかってしまった場合である。

Wizardry』シリーズでは、宝箱に罠が仕掛けられていることがあり、罠を解除しないまま開けたり解除に失敗してしまうと、罠が発動してしまう。その罠の種類の中のひとつが「テレポーター」である。テレポーターは発動することで、現在パーティがいるフロアのどこかにランダムでワープしてしまう。その効果は壁の中にも適用されるため、テレポーターが発動してしまい、その座標が移動不可能な場所の場合「いしのなかにいる」と表示されて全滅扱いになってしまう。

Wizardry』シリーズはオートセーブを採用していることがほとんどで、「いしのなかにいる」状態を気付かずにメッセージを進めてしまうと、最悪キャラクターをロストしてしまう危険がある。そのため、「いしのなかにいる」は『Wizardry』シリーズのプレイヤーの間で恐怖のメッセージとして、ミームとして伝わっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ